学習習慣は生活習慣 ~ 自立型学習法が成功するための3つの理由 ~

子どもの学習習慣は、一朝一夕では身に付きません。

そうは言っても、私のところへ相談にいらっしゃる方は、 子どもに学習習慣を身に付けさせることができなかった場合が多いのです。

今までで一番手ごわかった例としては、 中学3年生の12月頃になって、「ウチの子、どうにかなりませんか?」という相談を受けたケースです。

結論から言えば、「どうにかなります」という答え方をしますが、そこには何の希望もありません。親が、ただ、高校に入れたいだけなのです。

これでは、子どももかわいそうです。

15年間、人として生まれてきた目的を探索する機会を、親が与えなかったのです。

どうでもいい高校選びをして入学しても、すぐに不登校になってしまうのは目に見えています。

多くの場合、「子どもをのびのびと育てたかった」という決まり文句が出てきます。

それは、『子どもの意思を尊重すること』と『親が教育を放棄すること』を混同しているということです。

親は、人生の先輩として子どもを導く責任があります。その上で、子どもに人生の意味を自ら考えさせる機会を与えるべきです。

学習習慣は幼児期から身に付けさせるのが一番です。

学習することが生活の一部になってしまえば、「勉強しなさい」と言う必要はありません。

『知らないことを知ることの楽しさ』『発見の喜び』を得るための時間を日常生活の一部に設けるのです。

それには、テレビの話題でもゲームの話題でも結構です。親子が会話できる時間を取ることです。 できればお父さんも参加してください。

ゲームの話題はお父さんの方が得意ではないでしょうか。 テレビの話題でもゲームの必勝法でも『物事について考えるキッカケ』はあるのです。

先日、こんな質問を受けました。

「どんな躾け方をしたら、自分から勉強のできる子になるんですか?」

確かに、お行儀や所作について躾けは必要だと思いますし、 私も家内も気を付けています。

しかし、勉強に関して言えば、 私は、自分の子どもに「勉強しなさい」と言ったことは一度もありません。

それでも、我が家の3人の娘たちは、『自立型学習法』でトップクラスの成績を収めています。

それは、なぜでしょう?

理由は、次の3点に集約されるのではないでしょうか。

①勉強することが生活の一部になっているから
人生は、一生勉強です。親がこの姿を見せている限り、子どもは「それが普通のこと」と思います。

②自分に必要だと思うことを自ら学習するから
あることができなかったときに、なぜそれができなかったのか、親子で話し合う時間を持つようにしています。その中から、子どもが自分で必要だと思うアクションを決めて実行しています。

③良い意味でのライバルがいて、切磋琢磨しているから
「類は、友を呼ぶ」と言いますが、一人でも良いライバルがいれば、お互いに切磋琢磨していきます。